PL検定協会は12月1日より名称をPL対策推進協議会とし、NPO法人日本テクニカルデザイナーズ協会(本年11月末で解散)の全事業を引き継ぎ、PL検定や取扱説明書改善、表示対策、法律や国の動向、具体的な最新のリコール対策など、製品事故の未然防止に重点をおいた活動を行ないます。
オリンピックが終わるといよいよ翌年からリコールの規制や監視の強化が始まります。粗悪な輸入品の急増や国産品でも多発しているリコール対策を含めた広義のPL対策(広義の品質保証と連動します)の取組みが必要になります。
我が国で1995年7月1日に施行されたPL法もこの24年間で社会環境や産業構造がすっかり変わりました。若い人は当時の事も知らず、法律そのものも知らない方が多く、今こそ当協議会が実施しているPL検定を通し、事故予防策からリコール対策までの正しい知識を得て社会で活躍することを期待しています。
最新情報をメールマガジン「PL News」にて発信してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

令和元年12月1日
一般社団法人PL対策推進協議会(旧PL検定協会)
代表理事 渡辺 吉明